また、ワーキングホリデーに行く前までは手帳に英語で「今日何が起きたか」を短く書いてみたり、英語だけをつぶやくツイッターアカウントを開設したりしていました。

ツイッターは仕事終わりや友達と遊んだ帰りなど、ふと思った時に気軽にできる上に、つぶやくのにわからない単語などもネットで調べられるので、仕事で忙しいときでも「この『連日残業で疲れたからビールが飲みたい』という気持ちを英語で言うにはどうしたら良いのか」とより日常的な表現を勉強する良い機会になっていました。

また、海外の有名セレブやハッシュタグから見つけた海外のツイッターアカウントをフォローすることで彼らのツイートから英語の表現を学んでいくこともできました。

こうして「テストで点数を取るよりも話せるようになること」に集中していた私ですが、一方で今思うとやっとけばよかったと思うのは、英語の文章を読むことです。

大学受験時に文法問題と長文読解が大嫌いだった私は、「受験でやった分で、ある程度はもう出来ているし、今はそれよりも話せたほうが得だ」と考えて特に大学受験後は全く勉強しませんでした。

その為、今でもニュースサイトや新聞、商品の説明文など英語の文章を読むのがとても苦手です。海外で生活すると時折英語で手紙を書いたり、仕事を引き継ぐ為に英語でメッセージを残したりする場面が多くあったのですが、文章を読むのが苦手な私は文章を書くことも苦手で、会話で使うような砕けた表現や簡単な英語表現での文章が多くなってしまうのです。英語が克服した今になって「効率が悪くなってきたな」、「今からでも勉強した方が良いな」と感じています。

日本人には私のように英語を話せるようになりたいとスピーキングに集中して勉強する人が多いかと思いますが、仕事や海外出張などビジネスのシチュエーションで英語を使う際はよりフォーマルな会話、文章が求められます。会話がある程度できるようになった今、元来苦手だった文章読解の大切さを感じる日々です。

もし初心者に戻ったらこうする

こうした経験から、私はもし英語学習初心者に戻ったら、スピーキング力を伸ばすのと同時に英語の文章をもっと読み、文章読解に慣れるようにしていたと思います。

文章読解と言っても難しい本を買って読んだり、参考書で勉強したりする必要はないのです。普段読んでいる新聞の英字版を読んでみたり、SNSをチェックするついでに海外のニュースサイトもチェックしてみたりと少しずつやれる範囲でやってみるだけで違うと思います。

特に日本の新聞各社は近年英字版を出しているところも多いので、日本について話す際の特有の単語(「余震」や「震度」などの自然現象用語や「内閣」や各省庁などの政治用語)を勉強する良い情報源になります。

文章を読んで新たに勉強した単語はそのまま話す時に使えますし、話す機会がなくても自分で文章を書いたりする際にそのまま応用できます。

とはいえ、英語初心者は克服した私も、まだまだ英語力は伸ばさなくてはと思っているので、今後はこうした反省点を生かしながら更に自分の強みになるよう頑張っていこうと思っています。

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします‼︎

英語学習
 にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ 
英会話 ブログランキングへ

関連コンテンツ