故郷の尾道から20年ぶりに東京へ出てきた老夫婦。成人した子どもたちの家を訪ねるが、みなそれぞれの生活に精一杯だった。唯一、戦死した次男の未亡人だけが皮肉にも優しい心遣いを示し・・・。世界の映画史上に燦然と輝く巨匠・小津安二郎の代表的名作!戦後変わりつつある家族の関係をテーマに人間の生と死までをも見つめた深淵なドラマ。


スポンサー広告