同じものを繰り返すことにより、その時覚えた単語がどう聞こえるのかを徹底的に覚えることができたからです。毎日NHKの講座を聞くのは忙しい人には時間的にも無理があるかもしれません。たまたま私はNHK講座でしたが、同じ効果を期待する点でCDやDVDなどの音声の教材を繰り返し聞くことは大いに役立つと思います。日常会話や旅行会話など簡単なものから初めて、慣れて来たら徐々にドラマや映画、更にニュースやスピーチを取り扱った教材を使うようにステップアップしていくといいでしょう。

逆に効率が悪く、絶対におすすめしないのは、英単語の上にカタカナで発音が書かれている参考書を使うことです。基本的に、日本語と英語は全く別の言語であり使われる音も根本的に違うので、カタカナで英語の発音を覚えようとすると実際に英語の発音が上達しないのは言うまでもなく、筆談なら伝わるのに口頭では伝わらないということになりかねません。

また、一旦カタカナの音として覚えてしまうと、なかなか英語の発音に矯正できないという点でも、日本語と英語を混同しない方が効果的だと思います。発音を上達させる効果的な方法は詳しく説明しないと意味がないのでここでは触れませんが、私自身も初心者の頃にカタカナが使われた参考書を便利だと思い込んで使用していた経験があるので、いくら便利であろうと是非この点は注意を促したいところです。

とにかく多くの時間を費やして独学で英語を学習した私ですが、今もし過去の初心者の頃に戻ったとしたら、2つのポイントを絶対に外さない学習方法に専念すると思います。

まずは毎日英語を聞く環境を作ること。効果的な学習法で説明したように、新しく単語を覚える時でも最初から発音も合わせて習得することは極めて効果的です。

次に、英文法を基礎からしっかり理解すること。私が英語学習で挫折した時の原因が冒頭で書いたとおり英文法でつまずいたことでした。挫折は英語学習者なら誰にでもあることですが、特に初心者の頃はモチベーションにも影響してしまいます。だからこそ「自然な英語で話したい!」という願望とは離れたイメージのある英文法の学習にも重点を置きたいです。結局自然な英語で話せるようになるために、また、自分で思い通りの意思の疎通を図れるようになるためには英文法が理解できていることが絶対条件なのです。

英語を使いこなすには、語彙力をつけ、伝えたいことが確実に伝わるように適切な語句や文で発信する必要があります。効果的な学習法で自分の思いを伝えられる英語のスキルを習得すると必ず世界が広がります。

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします‼︎

英語学習
 にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ 
英会話 ブログランキングへ

関連コンテンツ