「英語を克服した私が、もし過去の初心者に戻ったら、私はこういう勉強法をするだろう。」 執筆者【英国在住。通訳、翻訳家 naokoさん】

私が行った勉強法

主にTOEICやTOEFLといった試験に向け、単語、文法、イディオム、リスニング、ライティング、ライティングの6分野の勉強を集中に行った。

単語
とにかく暗記。ノート一冊を埋めるくらい一つの単語を書いて練習したり、通勤通学中のバスでも、手作りの単語帳やテキストで復習しながら時間を有効活用。歩いている時はCDで外国人の発音にも耳を慣れさせた。家のトイレの壁にも単語表を張った。好きな洋楽の歌詞を読み、知らない単語があれば書き出し意味をチェックした。

文法
文法専用のテキストなどを購入(または学校の授業で使うものを使用)し、各章の練習問題を間違いが無くなるまで何度も繰り返し行った。一通りテキストが終わったら再び第一章に戻り、しっかり理解できているかを確認。あらゆるテキストに一度に手を付けるより、一冊を完璧制覇し自信をつけてから次のテキストへと臨んだ。不明な点は指導者に聞いたりなどして、必ず理解できるようにした。

イディオム
単語と同じく暗記中心で勉強。テキストの例文まで暗記したり、長文を読みながら用法を確認。高校時代は毎週1回20のイディオムのテストがあり、それに向けて暗記した。

リスニング
CDでニュース、学問、ビジネス系などあらゆる分野についてネイティブが話す英語を聞いた。速すぎて聞き取れない単語が一語でもあれば、何十、何百回と繰り返し聞き、英語がスラリと頭に入り、訳さずとも理解できるまで続けた。自分の好きな洋楽を聞いたり、興味分野のポッドキャストを聞いたりなどもした。

ライティング
テスト問題の課題に沿って、文章を作成し指導者にチェックしてもらった。また大学で、見た映画についての感想文を書く課題などが出た時を活用し練習。

スピーキング
知り合いの外国人とたまに会い、ランゲージエクスチェンジをした。

効率の悪かった勉強法・良かった勉強法
効率があまり良くなかった点として2点挙げることができる。ライティングにおいては課題で出された場合にのみ嫌々ながら練習していたせいで当時は伸びなかったので、もう少し頻繁に練習しておけば良かったと思う。

またスピーキングについても、留学するまでは知り合いの外国人とたまに練習するくらいであったため、留学先では苦労した。日常からもう少し規則的に練習できる機会を作れば良かったとも思う。

効率の良かった点としては、時間が10分でもあれば単語、文法、イディオムの学習に費やしたことが挙げられる。暗記中心教育を批判する声も多々聴くが、日本語とは文字も発音も全く異なる英語。暗記せずに上達させる方法はないと感じるし、暗記した単語が自分のものになって初めて英語の楽しさが分かってくる。

また好きな洋楽やポッドキャストを聞いたりといった自分の興味分野で英語に触れることはとても効率的だった。モチベーションにも繋がるし、何より楽しんで学習できたので、英語も頭に入りやすかった。

続き


応援よろしくお願いします‼︎

英語学習
 にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ 
英会話 ブログランキングへ

スポンサーリンク



関連コンテンツ