「英語を克服した私が、もし過去の初心者に戻ったら、私はこういう勉強法をするだろう。」 執筆者【英国在住。通訳、翻訳家 yumiさん】

私は中学に入学して英語を勉強するようになってすぐ「外国語の学習って楽しい!」と思いました。初めは単語や教科書の文を繰り返しノートに書く宿題程度でしたが、徐々に英語を覚えるということ自体が嬉しくて、お小遣いで購入した簡単な英会話の本の中から日常会話でよく使う表現を抜き出しては何度もノートに書いていました。これが私の英語学習への興味の原点でした。

英語が得意科目だった中学時代を過ぎ、高校に入学して早速最初の壁にぶつかりました。英文法が難しい。授業もよく分からないしテストの点も悪い。ついていけないから楽しくない。当然予習復習もする気がなくなる。初めての挫折で2年間はこんな状態でしたが、大学受験を意識した時に、基本が理解できていないとその後どれだけ断片的に勉強しても理解の程度に影響するのが分かり、英文法の教科書を初めからしっかり復習して理解しました。

すると、授業内容や参考書の説明は面白いように分かり、受験勉強用の問題集も、どんどん解けるようになりました。何故学校の授業にまで遡るのかには明確な理由があります。当時は全く気付いていなかったのですが、受験対策だけだと言われることもある学校の授業で習う英語が後の英語学習に大いに役立ったのです。

「受験英語ではなくて実際に使える英語を!」とはよく聞くフレーズですが、バイリンガルとなった今振り返ると、英文法を基礎からしっかり理解し、構文を覚えて語彙数の増強をするという、いわゆる「学校の英語の勉強」をなくしてコミュニケーションに使える英語が上達したとは思えません。

私にとって効率の良かった学習法のうち、初心者におすすめしたいのが、とにかくたくさんの英語を聞くことです。もちろん、たくさん読んでたくさん書くことも同様に大切ですが、初心者には特に聞くことが大切なポイントだと思います。単語レベルでも文章でも会話でもとにかく聞くことです。たとえ新しい単語を目で見て綴りやその意味を覚えても、実際にどう発音されるのか分からないのでは会話内(文章の中)で使われていても聞き取れないのです。

例えば単語を目で見て覚える時、声に出さないとしても頭の中で自然にその単語を唱えていると思いますが、この時に正しい発音を聞くことができないと、英語の発音とは異なるローマ字読みやカタカナで覚えてしまうことになるのです。

それを防ぐためにも、たくさんの英語を聞くこと、聞く環境を自分で作り出すことが効果的です。私はNHKのラジオ講座を毎日録音して繰り返し聞いていました。放送は毎日あるので当然翌日までの間の期間限定で繰り返し聞くことになるのですが、これが効果絶大でした。

続き


応援よろしくお願いします‼︎

英語学習
 にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ 
英会話 ブログランキングへ

スポンサーリンク



関連コンテンツ