「英語を克服した私が、もし過去の初心者に戻ったら、私はこういう勉強法をするだろう。」 執筆者【英国在住。イギリス人妻 chinatsuさん】

私の英語学習の歴史

私の英語学習の始まりは、中学一年生の春、12歳の時でした。’a b c d…’ ‘This is a pen’から始めたわけです。素直に楽しかった覚えはありますが、塾や英語スクールに行くこともなく学校の教科書や定期テストのみをこなしていました。

高校は地元の普通進学校でしたがそのころ家族の影響で洋画や洋楽が好きになり、自然と英語に興味を持って真面目に授業を受けていました。

なにせ20年以上も昔のことですから当時はグラマー、英文読解、そして会話らしき授業にたまにネイティブの先生が来て英語を喋っていく、というシンプルさでしたが大学受験レベルまでの英語としては、単語、文法、読解、という最も重要な柱はできていたのでは、と感じますが、イギリス、アメリカ文学を学ぶために国立大学の英文科に入学しました。

卒業後に英語とは関係のない職場で事務員をしていた時に英検準一級をとり、やはり英語の勉強は楽しいと実感し3か月ほど英国に滞在して語学学校に通ったりして帰国後英語講師になりました。

そしてその留学時の縁がきっかけでイギリス人と国際結婚することになり、現在在英14年になります。残念ながら娘たちのバイリンガル化には苦戦していますが、彼女たちに対しては「お母さんは日本語しか話さない」を嫌がられながらも貫くしかないところです。

私の英語学習方法の良かったところ、足りなかったところ

英語を克服する最初のステップは、やはり「基礎をしっかり固めること」とです。言語習得前の幼児でしたら、英語圏に住んで英語漬け、家の中では日本語のみ、などで完全なバイリンガルに成長することが可能ですがそうでない場合、やはり訓練による基礎の習得が大切ということでしょう。

毎日宿題が出てたからでしょうが宿題、予習、復習で「単語、文法、読解」の繰り返しを毎日やること、「やらないと忘れる」という危機感が自然と生まれるので続ける、という習慣ができていました。

そうは言っても高校入学時にリーディングが難しい。。と感じたのは
SV SVO SVC SVOO SVOC
の五文型を先に全部きちんと理解していなかったからかな、と今感じています。

どんな長文でもどれが主語なのか、動詞なのか、補語なのか、その「構造さえわかれば読み解ける」ともっと早く気づいていたらよかったのでしょう。

自分が「何をわかっていないかがわかる」と先に進みやすいのですが、もし教える立場であったら、英語の先生というのは英語のエキスパートである必要はなくてそういう生徒さんがどこをわかっていないのかをわかってあげられることが重要でしょう。その点ネイティブの先生ではそんなことは到底気づくことはできないでしょう。

続き


応援よろしくお願いします‼︎

英語学習
 にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ 
英会話 ブログランキングへ

スポンサーリンク



関連コンテンツ