スポンサーリンク



「人魚姫」英語音声対訳 04 地上への旅立ち

スポンサーリンク


関連コンテンツ




4. The departure date to the ground
4. 地上への出発の日

The first time/ any of the sisters rose above the water
最初の時/ 姉妹の誰もが水から上がった

さて、こうして、おねえさまたちは、めいめいに、はじめて海の上へ浮かんで出てみた当座こそ、

she was delighted/ by the novelties and beauties/ she saw;
彼女は感動した/ 斬新なものや美しいものに/ 彼らが見た

まのあたりみた、めずらしいもの、うつくしいものに心をうばわれました。

delighted 大いに喜んで
novelty 奇抜な, 斬新な

but once grown up,
でも一旦大きくなり

けれども、いまは一人まえのむすめになって、

once grown up 一旦大きくなるならば

and at liberty to go/ where she liked,
行く自由があると/ どこでも好きな所へ

いつどこへでも好きかってにいかれるとなると、

at liberty 解放されて, 自由で

she became indifferent
彼女は無関心になり

もうそれも心をひかなくなりました。

indifferent 〔…に〕無関心で,冷淡で,むとんちゃくで

and longed for her home;
家が恋しくなった

またうちがこいしくなって来て、

in the course of a month or so
1ヵ月ほどのうちに

やがて、ひと月もすると、

in the course of …のうちに
or so [数量・期間の表現に続いて] …ばかり, …ほど

they all said that/ after all/ their own home in the deep was best,/ it was so cosy there.
彼ら全員は言った/ 何といっても/ 自分達の家が最高で/ そこがとても居心地いいと

やはり海の底ほどけしきのいい所はどこにもないし、うちほどけっこうな住居はないわ、といいあうようになりました。

after all 何といっても
cosy 居心地良い

Many an evening
多くの晩

もういく晩も、夕方になると、

the five sisters interlacing their arms
腕を組んだ5人の姉妹達は

五人のおねえさまたちは、おたがい手を組んで、つながって、

interlace〈糸・指・枝などを〉組み合わせる

would rise above the water together.
一緒に水の上に上がった

水の上へあがっていきました。

They had lovely voices,/ much clearer than any mortal,
彼らは美しい声を持っていた/ どんな人間よりも透き通った

みんな、どんな人間もおよばないうつくしい声をもっていました。

clear 澄んだ,すき通った
mortal (普通の)人間

and when a storm was rising,
そして嵐が迫っていた時

あらしが来かけると、

and they expected ships/ to be wrecked,
彼らは船を予期した/ 難破すると

やがて船はしずむほかないことが分かっていますから、

expect 予期する

they would sing/ in the most seductive strains/ of the wonders of the deep,
彼らは歌った/ 最高に魅惑的な歌を/ 海の底の素晴らしさの

みんなして船のそばへおよいでいって、やさしい歌をうたってやりました。海の底がどんなにうつくしいか、

seductive 誘惑[魅惑]的な,人を引きつける
strain 曲,旋律; 詩歌,歌〔of〕

bidding/ the seafarers have no fear/ of them.
告げている/ 船乗りは恐れるにおよばないと/ それらを

だから船人たちはしずむことをそんなにこわがるにはおよばない、そううたってやるのです。

bid〈あいさつ・別れなどを〉述べる,告げる
seafarer 船乗り

But the sailors could not understand/ the words,
でも船乗りには分からない/ その言葉が

でも、そのことばは、人間には分かりません。

they thought/ it was the voice of the storm;
彼らは思った/ それが嵐の音であると

それをやはりあらしの音だとおもっていました。

nor could it be theirs/ to see this Elysium of the deep,
それはまた彼らにもありえない/ 海底のこの極楽を見ることは

それにまた、しずんでいくひとたちが、しずみながら海の底をみるなんて、そんなうまいわけにはいかないのです。

nor …もまた…ない
Elysium 極楽,浄土,理想郷

for when the ship sank
と言うのは船が沈めば

なぜなら、船がしずむと、

they were drowned,
彼らは溺れる

それなり船人はおぼれてしまいます。

and only reached/ the Merman’s palace in death.
そして着くだけ/ 死んで人魚の宮殿に

そうして、しかばねになって、人魚の王さまの御殿へはこばれてくるのですもの。

When the elder sisters rose up/ in this manner,/ arm-in-arm, in the evening,
姉達が上がった時/ このようにして/ 夕暮れ時に腕を組んで

姉妹たちが、こうして手をつないで、夕方、水の上へあがっていくとき、

in this manner こういうふうに

youngest remained/ behind quite alone,
最年少は残っていた/ 1人で後に

いちばん下の姫だけは、いつもひとりぼっちあとにのこっていました。

looking after them/ as if she must weep;
皆の後を見送っていると/ まるで彼女は泣かずにいられない様だった

そうしてみんなのあとをみおくっていると、なんだか泣かずにいられない気持になりました。

but mermaids have no tears,
でも人魚には涙がない

けれども、人魚には涙というものがないのです。

and so they suffer all the more.
それで彼らはよけい苦しむ

そのため、よけい、せつないおもいをしました。

suffer 〔…に〕苦しむ,悩む

‘Oh! if I were only fifteen!’/ she said,
ああ、私が十五であれば/ 彼女は言った

「ああ、あたし、どうかしてはやく十五になりたいなあ。」と、この姫はいいました。

‘I know/ how fond I shall be/ of the world above, and/ of the mortals who dwell there.’
私は分ってる/ どれほど好きになれるか/ 上の世界と/ そこに住む人間を

「あたしにはわかってる。あの上の世界でも、そこにうちをつくって住んでいる人間でも、あたしきっと好きになれるで

しょう。」

fond 〔…を〕好んで〔of〕
dwell 住む, 居住する

At last her fifteenth birthday came.
とうとう彼女の十五歳の誕生日が来た

するうち、とうとう、彼女も十五になりました。

‘Now we shall have you off our hands,’
さあ、我らはあなたを我らの手から離す

「さあ、いよいよ、あなたも、わたしの手をはなれるのだよ。」

said her grandmother,/ the old queen-dowager.
祖母は言った/ 年取った皇太后の

と、ごいんきょのおばあさまがおっしゃいました。

dowager (王侯の)未亡人

‘Come now, let me adorn you/ like your other sisters!’
さあ、飾らせて/ 姉達と同じ様に

「では、いらっしゃい、おねえさまたちとおなじように、あなたにもおつくりをしてあげるから。」

adorn (さらに美しいもので)飾る,装飾する

and she put a wreath/ of white lilies round her hair,
そして彼女は花輪を掛けた/ 髪の周りに白いユリの

こういって、おばあさまは、白ゆりの花かんむりを、彼女の髪にかけました。

wreath 花輪,花冠

but every petal of the flowers was/ half a pearl;
でも花の一枚一枚の花びらは/ 半分真珠でした

でも、その花びらというのが、一枚一枚、真珠を半分にしたものでした。

petal 花弁, 花びら

then the old queen/ had eight oysters fixed on/ to the princess’s tail
そして年取った女王は/ 8つの牡蠣を取り付けさせた/ 王女の尻尾に

それからまだおばあさまは、八つまで、大きなかきを、姫のしっぽにすいつかせて、

fix on 取り付ける,据える

to show her high rank.
彼女の高い身分を示す為に

それを高貴な身分のしるしにしました。

‘But it hurts so!’/ said the little mermaid.
でもとても痛む/ 人魚の姫は言った

「そんなことをおさせになって、あたし、いたいわ。」と、人魚の姫はいいました。

‘You must endure the pain/ for the sake of the finery!’/ said her grandmother.
お前は痛みに耐えねばならない/ 晴れ着の為に/ 祖母は言った

「身分だけにかざるのです。すこしはがまんしなければね。」と、おばあさまは、おっしゃいました。

endure (辛抱強くじっと)我慢する
for the sake of …のために
finery 美服,華美な装飾品

But oh!/ how gladly would she have shaken off/ all this splendour,
でもああ!/ どれだけ振り捨てたかったか/ こんな装飾品などを

ああ、こんなかざりものなんか、どんなにふり捨てたかったでしょう。

gladly 喜んで,快く
shake off 取り除く,逃れる
splendour 光彩, 壮麗

and laid aside the heavy wreath.
そして重い花輪を横に置いた

おもたい花かんむりなんか、どんなにほうりだしたかったでしょう、

lay 横たえる,置く

Her red flowers in her garden/ suited her much better,
彼女の庭の赤い花は/ ずっと彼女に似合った

姫は、花壇に咲いている赤い花のほうが、はるかよく似合うことはわかっていました。

suit 適する, 合う

but she did not dare to make/ any alteration.
でも彼女はあえてしなかった/ いかなる変更も

でも、いまさら、それをどうすることもてきません。

dare to あえて…する
alteration 変更, 改変, 改造

‘Good-bye,’/ she said,
「行って来ます」/と彼女は言った

「いってまいります。」と、姫はいって、

and mounted/ as lightly and airily/ as a bubble/ through the water.
そして上った/ 軽く軽やかに/ 泡の様に/ 水中を

それはかるく、ふんわりと、まるであわのように、水の上へのぼっていきました。

mount〔…に〕上る,登る
airily 軽快に,軽やかに

The sun had just set/ when her head rose/ above the water,
太陽はちょうど沈んだ/ 彼女の頭が出た時/ 水上に

姫が、海の上にはじめて顔をだしたとき、ちょうどお日さまはしずんだところでした。

but the clouds were still lighted up/ with a rosy and golden splendour,
でも雲はまだ照らされていた/ バラ色と金色の輝きで

でもどの雲もまだ、ばら色にも金色にもかがやいていました。

and the evening star sparkled/ in the soft pink sky,
そして宵の明星はきらめいていた/ 柔らかいピンクの空で

そうして、ほの赤い空に、よいの明星が、それはうつくしくきらきら光っていました。

evening star よいの明星
sparkle きらめく,きらきら光る

the air was mild and fresh,
空気は穏やかで澄んでいた

空気はなごやかに澄んでいて、

and the sea as calm as a millpond.
そして水車用貯水池と同じ位穏やかな海

海はすっかりないでいました。

millpond 水車用貯水池

A big three-masted ship/ lay close by
大きい三本マストの船が/ 近くに停泊した

そこに三本マストの大きな船が横たわっていました。

with only a single sail set,/ for there was not a breath of wind,
1本の帆だけ上げてあった/ 風が吹いてなかったから

そよとも風がないので、一本だけに帆が上げてあって、

sail (船の)帆
breath (風の)そよぎ

and the sailors were sitting about the rigging,
on the cross-trees, and at the mast-heads.
そして水夫達は座っていた/ 装具の辺りに/ クロスツリーの上に/ そしてマストヘッドの所に

それをとりまいて、水夫たちが、帆綱や帆げたに腰をおろしていました。

rigging 索具《マストや帆を支えるロープやチェーン類一式》

There was music and singing on board,
音楽と歌が始まった/ 船上に

そのうち、音楽と唱歌の声がして来ました。

and as the evening closed in
そして夕暮れが迫ると

やがて夕やみがせまってくると、

hundreds of gaily coloured/ lanterns were lighted—
何百もの華やかに色付けられた/ ランタンは点灯され

なん百とない色がわりのランプに火がともって、

gaily 派手に,華やかに
lantern 手さげランプ,角灯,カンテラ

they looked like the flags of all nations/ waving in the air.
それらは全世界の国旗のように見えた/ 空中になびいている

それは各国の国旗が、風になびいているように見えました。

The little mermaid swam right up/ to the cabin windows,
人魚の姫はすかさず泳いだ/ 船室の窓に向かって

人魚の姫は、その船室の窓の所までずんずんおよいでいきました。

and every time she was lifted/ by the swell
そして持ち上げられるたびに/ うねりによって

波にゆり上げられるたんびに、

every time たびごとに
swell (波の)うねり,大波

she could see/ through the transparent panes
彼女は見れた/ 透明なガラスを透かして

姫は、水晶のようにすきとおった窓ガラスをすかして、なかをのぞくことができました。

transparent 透明な, 透き通る
pane 窓ガラス(の 1 枚)

crowds of gaily dressed people.
華やかに着かざった人々の群衆

そこには、おおぜい、晴着を着かざった人がいました、

crowds 群衆, 大勢, 人込み
gaily 派手に,華やかに

The handsomest of them all was/ the young prince/ with large dark eyes;
その中で一番りりしかったのは/ 若い王子だった/ 大きな黒い目の

でも、そのなかで目立ってひとりうつくしいのは、大きな黒目をしたわかい王子でした。

he could not be much more than sixteen,
彼は十六より上ではないだろう

王子はまだ満十六歳より上にはなっていません。

and all these festivities were/ in honour of his birthday.
そして全てこれらの行事は/ 彼の誕生日祝いだった

ちょうどきょうがおたん生日で、このとおりさかんなお祝をしているしだいでした。

festivity 祭礼, 祝祭, 祭典
in honour of 祝い