mean_to_do

I didn’t mean to…
~するつもりではなかった。


自分の言動が、自分の意志に反して、
相手に不快な思いをさせてしまった時に、

自分を擁護する為のセリフとして、
一つ覚えておきましょう。

“Sorry”「ごめんなさい」
を言った後に、その気まずさを
軽減するフォローにもなります。

「私の意志ではありませんでした。」
「あなたは誤解しています。」

という意味合いを込めて、
相手の怒りをなだめるのですね。

「~するつもりでいる」は、
他にも

“be going to…”
“will…”
“intend to…”

などがありますが、
“mean to…” は、

意志の強さが一番控えめで、

“I didn’t mean to…” は、

「強い意志での言動ではなかった。」
ということで、

自己擁護に使われるのでしょう。





英語学習
 にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ 

英会話ブログランキング
英語学習情報ランキング
英語独学ランキング
映画・ドラマの英語ブログランキング
英語学習ランキング

I didn’t mean to…
が使われているシーン
英語学習映画「レベッカ」01 夢の中での回想