「英語を克服した私が、もし過去の初心者に戻ったら、私はこういう勉強法をするだろう。」 執筆者【高等教育機関の英語教育者 hideさん】

語学(今回の場合、英語)に関してはいくつかの、相互に関連するポイントがあります。

1) とにかく音声から入ること。ここでのポイントを一言で揚げるとすれば、「モノマネ」です。ただ、注意したいのは、「声マネ」ではなく、「話し方マネ」です。モデルとなるのは、聞き取りやすい英語話者であれば、誰でも良いのですが、動画などの映像で表情と共に見られるのが良いです。最近はyoutubeやTEDなど様々な無料で動画を見ることが出来る環境がそろっているので、それらを積極的に使うと良いと思います。

個人的にはオバマ米大統領や、ヒラリー前国務長官や俳優のトム・クルーズ氏などは非常に声も聞き取りやすく、スピードも速すぎず、遅すぎず良い見本だと思います。

2) 1番と関連することですが、「話し方マネ」をするわけですから、実際に「声に出してみる」必要があります。巷では「聞き流しているだけで英語が話せるようになる」という話がありますが、それは迷信です。赤ん坊が言語をマスターする過程を考えてみても分かる通り、何度も何度も聞いて、それを何度も何度も発声して、自分のものにしていくのです。我々にとっての母語である日本語でさえそのプロセスを通るのですから、外国語である、英語をマスターするときに「声に出す」というプロセスを経ずに上手くなれるはずがありません。

逆を言えば、学習の仕方が“受け身”ではダメということになると思います。こと、日本人は英語を話す際、(正しい)文法にとらわれすぎて、話せない・話さない傾向が強い気がするので、どんどん間違いながらマスターしていく姿勢が大事だと思います。

3) 次に、同じく巷ではシャドゥイング (shadowing)というのが良く聞かれていると思います。これ自体は効果がないとは思いませんが、私は、これよりもオーバーラッピング (overlapping)を実践しています。

そもそもshadowingとはスクリプトを見ずに、音声だけを頼りに耳に聞こえる音声を「追いかけるように」声に出していくわけですが、これよりも、スクリプトを見ながら、スピーカーのスピードはもちろん、アクセントも「モノマネ」をして、発声していくというのがカギです。

続き

応援よろしくお願いします‼︎

英語学習
 にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ 
英会話 ブログランキングへ

スポンサーリンク



関連コンテンツ