「英語を克服した私が、もし過去の初心者に戻ったら、私はこういう勉強法をするだろう。」 執筆者【カナダ在住。翻訳家 megumiさん】

自分が英語を習得した過程

私の英語学習は高校時代から本格的に始まった様に思います。当時進学校で高校1年の入学時から大学受験に向けて、毎週50個程の英単語テスト、20から30個程の英熟語テストがあり、授業で行う長文読解も予習は必須。必然的に英語を勉強しなくてはいけない環境でした。

学校では受験英語にほとほと嫌になっていましたが、修学旅行で行ったカリフォルニアでのホームステイで「英語を話すことができると、今まで全く知らなかった世界の人と話ができる」という単純ですが語学学習本来の楽しさに気づき、大学受験後は自力でカナダのバンクーバーに短期留学したり、英会話スクールに通ったりしながら、机の上で勉強するよりも話す力をつけることに集中していました。

社会人になってからは洋画を見る程度にしか英語を勉強する機会がありませんでしたが、外資系企業のクライアントと接するようになってから「やはりもっと英語を話せるようになりたい」という気持ちに火がつき一念発起。仕事を退職しカナダのトロントにワーキングホリデーで1年、その後学生ビザに切り替えて計2年滞在しました。TOEICも学生時代に独学で勉強した640点が最高でしたが、2年間の滞在後は875点まで伸びました。

2、効率の良かった勉強法/ 効率の悪かった勉強法

私の場合、高校でやった受験英語が結果として今の私の英語力を支えていると思います。その頃は「なんでこんなに受験に向けての受験でだけに使う英語を勉強しなくちゃいけないんだろう」と非実践的でしかないように感じて不満しかありませんでしたが、現在の私の英語力は、当時嫌々ながら無理やりにでも語呂合わせにするなどして覚えた語彙力によって成り立っています。

高校3年間で覚えた単語や熟語、長文読解の為の英語構文は膨大な量で、その後時間が経って忘れていても「あ、この単語聞いたことがある」と再度覚え直すのは比較的簡単でした。

いくら英語を話せるようになりたいと思っていても、自分が話したいことを話すにはある程度の語彙力が必要です。私の場合、受験の際に使った単語帳や参考書を復習することで自分の理想とする「英会話力」をつけていきました。

続き


応援よろしくお願いします‼︎

英語学習
 にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ 
英会話 ブログランキングへ

スポンサーリンク



関連コンテンツ